フリーのカメラマンを選ぶ理由とは?

こんにちは、和装ロケ撮影が人気のうららかです♪
 
全然話は変わりますが(笑
 
結婚式といえばその準備期間がひとつの楽しみですよね♪
 
どんな会場にするか、メインはドレスでお色直しは和装にしようとか、
披露宴会場の装花などテーブルコーディネートとか引き出物とか、
ケーキやキャンドルや、、、と書き出すとキリがありません(笑)
 
選ぶのは大変な作業ですがそれすらも楽しい時間ですね♪ 
 
 
カメラマンは選べない

 

ところが、たくさん選択肢のある中でも、「写真」については、
アルバムは選べるのにカメラマンは選べない会場がほとんど、、、。
 
これってどうなんでしょう??
 
挙式や前撮りの当日、いきなりおめでとうございます~!と、
はじめてお会いするカメラマンさんに全てを任せる。
 
もちろん、専属のカメラマンですから会場の事は熟知しています。
 
でもそのカメラマンでもお二人に関しては、はじめましてなのです
 
どうでしょうか、そのフォトグラファーは何を撮影するんでしょうか。
 
お二人の最高の表情、結婚式への思いなど余すところなく撮影してくれるでしょうか。
 
プロのフォトグラファーはみんな接客に慣れているので、印象の良い方は多いです。
 
ですが、お二人が本当に大切にしている事、人、物、
全てをプランナーさん経由の書類で伝える事は出来るでしょうか。
 
私達はそれは限界があるのでは無いかと考えています。
 
親切なプランナーさんであれば、汲み取ってお伝えいたただけることもあるでしょう。実際には、なかなか難しいのが現状ではないでしょうか。
 新郎新婦イメージカット
 
フリーフォトグラファーのメリット・デメリット

  
カメラマン側も、初対面の方の撮影には馴染むのに時間がかかる場合もあります。
人と人の対話ですから、相性もありますしね。
 
パッと見た目には良い写真は撮れそうですが、心を込めるのは難しい。
 
フリーフォトグラファーのデメリットは、持ち込み料が発生しやすいことや、
撮影箇所に制限を設けられたりしてしまう場合もあるというところ。
 
しかし、そんな時でも対応できる、色んな会場で撮影してきた
フリーならではの豊富な経験があります。
 
会場のシステムに関係なく、自由にお打ち合わせができ、
安心して撮影当日を迎えることができます。
 
また挙式などの進行上のアドバイスなども可能です。
 
写真撮影タイムを確保してもらったり、良さそうな場所を選んだり。
事前に考えておくことは色々あります。
 
大きい会場ではなかなか真似のできない、
深い関わり合いを持って撮影ができる、それがフリーフォトグラファーの
最高のメリットではないかと私たちは考えます。

 
新郎新婦と子供 

誰に撮ってもらうか?

 
うららかでは、フォトグラファーとヘアメイクの夫婦で、
2人の気持ちを共有します。
 
そして新郎新婦様と4人でたくさんの思い出を残せるよう、
お話しながらお支度・撮影をさせていただきます。
  
友達同士のように、楽しく撮影できるよう努めています♪
  
ゲストのみなさんと同じようにお祝いしながら撮影しています。
 
前撮りをさせていただいた方などは、より一層親しみがわきます♪
 
当日も楽しく会話しながら撮影できるので、
表情も自然になります。
 
11組心を込めて、思い出作りのお手伝いをさせていただいています。
 
ヘアメイク中の花嫁
  
誰が、どんなカメラマンが当日撮影するのか。
 
 
これって、すごく重要だと思いませんか? 
 
 
一生懸命に考えた、どんな会場にするか、衣装、テーブルコーディネート、演出。。。
 
一生残る素敵な写真にしてくれるフォトグラファー選び。
 
是非この機会にじっくり考えてみてください♪