和装 or ドレス。お衣装選びのポイント!- 1 -

結婚式当日はもちろんのこと。前撮りとなると、

やはり悩みどころは衣装選びじゃないでしょうか。

 
様々な形や色のドレス、和装だと白無垢、色打掛、引き振袖と

種類が多くて選ぶが難しいですよね!

フォトウェディング、前撮りの衣装選びで失敗しないために
事前に情報を集めておきましょう♪

 

 

和装かドレスか??

 

これはシンプルに、結婚式当日に着ない方の衣装を前撮りに選べば良いと思います。
当日がドレスなら、前撮りは和装。

和婚ならドレスを選ぶという感じですね!

 

フォトウェディングのような写真だけの結婚式の場合は、
また話が変わってきますが。。。
挙式を挙げるよりも費用を抑えられますから、
お着物とドレス、両方を写真に残すということもできますね♪

 

今回は白無垢について色々と調べてみました♪

 

 
白無垢

 

伝統的な日本の婚礼衣装。。。というのは、なんとなくわかると思います。
古来は武家の最高婚礼衣装とされていたとか。
 

諸説あるようですが、花嫁衣装は純白で。。。と選ばれるように

なったのは平安朝以来だそうです。

 
時の流れとともに、衣装の形なども定められていき、
幸菱(さいわいびし)文様をあしらった白打掛が着用されるようになったそうです。
この打掛が今で言う白無垢ですね♪

白無垢・綿帽子

 
白無垢の意味

 
「真っ白のまま嫁ぐ、相手の家の色に染まるよう」にという意味が込められているそうです。
また、「生家の娘として一度死んで、婚家の嫁として新たに誕生する」、
白無垢から色鮮やかな色打掛にお色直しをするのは、嫁ぎ先で新たに生まれ変わる。
という意味があるそうです。

現代ではそんなに厳粛な意味を持たないかもしれませんが、
結婚とは2人だけの事ではなくお互いの家族にも関わる事ですから。
楽しい思い出とともに、真剣な気持ちや想いを込めて臨みたいですよね♪

 
 

綿帽子と角隠し

 

白無垢といえば、綿帽子もしくは角隠しの姿を思い浮かべる事が多いかと思います。
綿帽子は、挙式が済むまで花嫁は新郎以外の人に顔を見られないようにという考えから、
ウェディングドレスのベールと同様に取り入れられたそうです。
 

綿帽子は白無垢だけに合わせる事ができます。
綿帽子からちらりと覗く表情から、奥ゆかしさなどを演出できます。
 

角隠しは、白無垢、色打掛、引振袖で着用できます。
角隠して従順さを示す、という意味が込められているそうです。
女性の角は鬼の象徴であの世のものとされている。。。こんな謂れもあるようです。
 

綿帽子と同じく、文金高島田を結った上に着用します。

今では、白無垢で洋髪の組み合わせも多くみられますね!
真夏のロケなどでは綿帽子などはちょっと暑くて大変かも知れません・・・(汗
 白無垢・角隠し

文金高島田などのカツラは重く、手配や管理も大変なので、
気軽にロケ撮影なら洋髪が動きやすくて良いかも知れませんね!
 

挙式などでは綿帽子や角隠しだと厳粛な雰囲気が出ますので、
より厳かな気持ちで結婚式に臨めそうです。

 

白無垢だけでもこれだけ選択肢がると悩んじゃいますね(^ ^)
 

今度は色打掛・引振袖について触れていきたいと思いますー♪

それでは、今日もうららかで♪